大きく口をあけて歯を磨こうとしている女性

歯医者のタイミング

歯医者を利用する際のポイント

歯医者も多くありますが、症状が悪化してから近くのやっている歯医者に慌てていくという人も多いと思います。特に虫歯の場合は気になっていても、症状が比較的落ち着いていればほったらかしという人は少なくないと思います。しかし、ほっとけばほっとくほど、症状が悪化して治療費がかかり治療期間が長くなります。歯医者によって症状によって違いますが、値段も軽度の場合は7千円から8千円でできるものも重度の場合は2万円から3万円する場合もあります。もし他の歯もあればその分費用がかかりますので、ますます歯医者嫌いに拍車がかかります。そのスタンスを繰り返すと虫歯になって削って詰め物をしてという悪循環になりますので、一生自分の歯でいられなくなるかもしれません。しかし発想の転換で歯を守ることもできます。

歯の健康を保つように努力する

歯医者に行くタイミングをずらしてみるといいと思います。例えば普通の会社などで行う健康診断などの様に1年に1回行ってみるといいと思いますす。そこで、異常があれば治療してもらい、なければ安心という訳です。歯石があればとってもらい虫歯の予防につながります。磨き残しが歯を悪化させるので、ブラッシングの指導もしてもらえるので、また健康な歯を保つ為に励みになり頑張れるでしょう。そして歯医者によっては健康保険適用外ですが虫歯菌をとるという治療法もあるので、お願いしてみるというのも手です。子供がいる人にとっては自分の虫歯菌が自分の子供にうつる可能性があるので、そういう治療法も効果的です。何度か受診が必要なので、興味ある方は相談してみるといいと思います。