大きく口をあけて歯を磨こうとしている女性

歯列矯正でキレイ

歯の裏側からの矯正治療

歯並びに悩んでいる人にとっては、きれいな歯並びにするために歯列矯正を検討している人も多いと思います。これまでの歯列矯正の施術の方法は、歯の表側に矯正用の器具をつけて行う方法が主流でした。歯の表面に矯正器具をつけることで器具が目立ってしまうため、接客業などの業種の人にとっては敷居の高い課題でした。最近では、歯の裏側に矯正器具をつける方法での歯列矯正や、マウスピースを使った歯列矯正など、矯正器具が目立たない工夫がされている方法が提供されています。歯の裏側の矯正方法については、新しい技術であるためこれまでは費用が高くなってしまうことが多かったですが、最近では症例が増えてきたこともあり費用が安く抑えられている傾向にあります。

矯正技術の進歩について

歯列矯正においては、保険適応外であることによる費用の問題は大きな課題となっています。費用が安く抑えられることにより、これまで歯列矯正を受けられなかった人にとっても治療の機会が与えられることになります。 また、歯列矯正にかかる期間についても短縮されている傾向にあります。これまでは矯正が完了するまでの期間は2〜3年のほどかかってしまうことが多かったですが、最近では半年で完了するような矯正についても提供されているところがあります。結婚式などのイベントに向けて短期で治療を受けたいという人に対して、短期での治療が提供され始めています。